山田 誠二

  山田 誠二
  国立情報学研究所 教授
  総合研究大学院大学 情報学専攻 教授
  東京工業大学大学院 知能システム科学専攻 連携教授
  e-mail-address

HAI(ヒューマンエージェントインタラクション),IIS(知的インタラクティブシステム)の2つの研究分野を世界に先駆けて展開し,人とコンピュータシステム,マシンとの協調を目指して,人工知能,計算知能の方法を駆使したインタラクションデザインの工学的設計論を研究しています.

  • HAI (Human-Agent Interaction) とは,人間と擬人化エージェント,人間とロボット,そしてエージェントを介した人間同士がうまく協調するためのインタラクションデザインを目指す新しい研究領域です.我々は,人間との協調作業を通じて,ユーザとながく付き合っていけるパートナーとしての擬人化エージェント,ロボットの実現に必要なインタラクションデザインのために,ちょっとした思いつきやセンスによる実装に留まるだけではなく,しっかりしたアルゴリズムや実験的検証に裏打ちされた設計論を開発することを目指しています.
  • IIS (Intelligent Interactive Systems) とは,人間と機械学習・データマイニングシステムの知的なインタラクションデザインを目指す新しい研究領域です.我々のプロジェクトでは,人間の能力を最大限に活かす知的インタラクティブシステムの実現を最終ターゲットとして,従来の「人にやさしいマシン」から「人が適応しやすい知的システム」へのパラダイムシフトを基本的設計指針として,インタラクティブ機械学習・データマイニングアルゴリズムの開発から人間ーシステム間のインタラクションデザインまでの幅広いアプローチをとっています.

具体的な研究プロジェクトについては,研究プロジェクトをご覧下さい.

また,山田誠二研究室では,総合研究大学院大学情報学専攻(博士後期課程,5年一貫性:10月,4月入学)の学生を随時募集しています.修士,学部を卒業予定の学生の方,社会人学生も歓迎です.見学,相談は,気軽に山田までメールでご連絡下さい.詳しくは, 大学院生募集! をご覧ください.


近況
寺田先生との共同研究がfrontiers in Psychologyの論文に採録されました 2017-7-15

寺田和憲先生(岐阜大学)と,RO-MAN’10@ビアレッジョでコーヒー飲みながら議論したことから始まった,我々の初の共同研究が山田研PDの松井哲也さんとの共同研究が,frontiers in Psychology (Cognitive Science) に採録されました.ここまで来るのが長かったこともあり,感慨もひとしおです.
Kazunori Terada and Seiji Yamada: Mind-Reading and Behavior-Reading against Agents with and without Anthropomorphic Features in a Competitive Situation, frontiers in Psychology, 07 July (2017)

人工知能学会全国大会JSAI2017が過去最大規模の成功でした 2017-5-25

人工知能学会全国大会JSAI2017が名古屋(5/23-26)で開催され過去最大規模の成功で終了しました.参加者交流会に参加された河村名古屋市長と大会幹部です(左から,浦本大会委員長,山田,河村市長,高間プログラム委員長).

ASEの研究発表が,CHI2017@Denverでありました. 2017-5-10

ASEの研究発表 Response Times when Interpreting Artificial Subtle Expressions are Shorter than with Human-like Speech Sounds が,CHI2017@Denverでありました.7年ぶり2度目の発表を行う小松孝徳准教授です.

宋くんの研究発表が,HRI2017@Viennaでありました 2017-3-7

宋君の研究発表 Expressing Emotions through Color, Sound, and Vibration with an Appearance-Constrained Social Robot が,HRI2017@Vienna でありました.初日の最初のセッションの最初の発表でした(^^ゞ

松井哲也さん(山田研PD)の論文が人工知能学会に採択されました 2016-12-17

山田研PDの松井哲也さんとの共同研究が,人工知能学会の論文として採録されました.オンラインショッピングで商品推薦するエージェントPRVAが,遷移オペレータを実行することで,ユーザの知識状態と感情状態を遷移して,信頼向上を図る研究です.
松井 哲也,山田 誠二:ユーザの信頼を誘発する商品推薦エージェントデザイン ー 感情と知識量の遷移による信頼向上 ー,人工知能学会論文誌, Vol., No., to appear (Dec. 2016)