山田 誠二

iis-ec

  山田 誠二
  国立情報学研究所 教授
  総合研究大学院大学 情報学専攻 教授
  東京工業大学大学院 知能システム科学専攻 連携教授
  e-mail-address

HAI(ヒューマンエージェントインタラクション),IIS(知的インタラクティブシステム)の2つの研究分野を世界に先駆けて展開し,人とコンピュータシステム,マシンとの協調を目指して,人工知能,計算知能の方法を駆使したインタラクションデザインの工学的設計論を研究しています.

  • HAI (Human-Agent Interaction) とは,人間と擬人化エージェント,人間とロボット,そしてエージェントを介した人間同士がうまく協調するためのインタラクションデザインを目指す新しい研究領域です.我々は,人間との協調作業を通じて,ユーザとながく付き合っていけるパートナーとしての擬人化エージェント,ロボットの実現に必要なインタラクションデザインのために,ちょっとした思いつきやセンスによる実装に留まるだけではなく,しっかりしたアルゴリズムや実験的検証に裏打ちされた設計論を開発することを目指しています.
  • IIS (Intelligent Interactive Systems) とは,人間と機械学習・データマイニングシステムの知的なインタラクションデザインを目指す新しい研究領域です.我々のプロジェクトでは,人間の能力を最大限に活かす知的インタラクティブシステムの実現を最終ターゲットとして,従来の「人にやさしいマシン」から「人が適応しやすい知的システム」へのパラダイムシフトを基本的設計指針として,インタラクティブ機械学習・データマイニングアルゴリズムの開発から人間ーシステム間のインタラクションデザインまでの幅広いアプローチをとっています.

具体的な研究プロジェクトについては,研究プロジェクトをご覧下さい.

また,山田誠二研究室では,総合研究大学院大学情報学専攻(博士後期課程,5年一貫性:10月,4月入学)の学生を随時募集しています.修士,学部を卒業予定の学生の方,社会人学生も歓迎です.見学,相談は,気軽に山田までメールでご連絡下さい.詳しくは, 大学院生募集! をご覧ください.


近況
PRVAの2本目の論文が採録 2016-2-20

2015年の春に東工大知能システム科学専攻を修了したkuroda黒田拓也君 (現 DNP) の修論研究が人工知能学会論文誌に採録されました.PRVA(商品推薦仮想エージェント)関連の2本目の論文であり,うれしいです.寺田和憲准教授(岐阜大学)との共同研究であり,CID科研新学術のプロジェクトの成果でもあります.

  • 黒田 拓也,山田 誠二,寺田 和憲:オンラインショッピングにおける商品推薦エージェントの外見と振る舞いの関係が購買意欲に与える影響,人工知能学会論文誌, Vol.31, No.2, G-F78_1-11 (Feb. 2016)
PRVAの初の論文が採録 2015-8-27

昨年の春に東工大知能システム科学専攻を修了した梁静さん(現 野村総研)の修論研究をベースにした下記論文がヒューマンインタフェース学会に採録されました.PRVA(商品推薦仮想エージェント)関連の最初の論文であり,実は最初は人工知能学会に1年前に投稿したのですが,少々理不尽な理由でリジェクトされたこともあり,今回の採録は大変うれしいです.また,寺田和憲准教授(岐阜大学)との共同研究であり,CID科研新学術のプロジェクトの成果でもあります.

  • 梁 静, 山田 誠二, 寺田 和憲:オンラインショッピングにおける商品推薦エージェントの外見とユーザの購買意欲との関係,ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.17, No.3, pp.307-316 (Aug. 2015)
「人工知能の基礎(第2版)」を出版しました! 2015-5-10

bookお知らせが遅くなりましたが,馬場口登先生(大阪大学)との共著「人工知能の基礎(第2版)」を2月に出版しました.第1版が出たのが,15年前なのでさすがに加筆を行いました.私の加筆した部分については,個人的な趣味で,機械学習,HAIヒューマンエージェントインタラクション,IIS知的インタラクティブシステム関係となっています.さすがに,ディープラーニングは書きませんでした(^_^; 書けませんし.高専,学部における人工知能の講義のテキストとして最適なものとなっていると思いますので,ぜひご購読下さい.

ASEを相槌に応用した研究の論文が採録されました 2015-4-9

もう7,8年になるでしょうか.そうです,ASEの研究って永いんです.で,また論文が採録されました.ネタはまだまだあるので,これからもがんばります.メンバーもみなさん昇進しています.

  • 小林 一樹,船越 孝太郎,小松 孝徳,山田 誠二,中野幹生:ASEに基づく相槌によるロボットとの対話体験の向上,人工知能学会論文誌, Vol.30, No.4, pp.XX-YY (Apr. 2015)
周辺認知テクノロジーの初の論文が採録 2015-1-31

もう一昨年の春に東工大知能システム科学専攻を修了した森直樹君の修論研究をベースにした下記の論文「周辺認知テクノロジーPCTによるユーザの作業に干渉しないペリフェラル情報通知」が人工知能学会に採録されました.指導学生の修論研究がジャーナル論文になるのは,大変うれしいことです.また,小林一樹准教授(信州大学)との共同研究であり,CID科研新学術のプロジェクトもである,周辺認知テクノロジーの最初の論文でもあり,感慨深いものがあります.

  • 山田 誠二,森 直樹,小林 一樹:周辺認知テクノロジーPCTによるユーザの作業に干渉しないペリフェラル情報通知,人工知能学会論文誌, Vol.30, No.2, pp.449-458 (Jan. 2015)