[:ja]山田 誠二[:en]Seiji Yamada[:]

[:ja]
  山田 誠二
  国立情報学研究所 教授
  総合研究大学院大学 教授
  東京工業大学 特定教授
  e-mail-address

HAI(ヒューマンエージェントインタラクション),IIS(知的インタラクティブシステム)の2つの研究分野を世界に先駆けて展開し,人とコンピュータシステム,マシンとの協調を目指して,人工知能,計算知能の方法を駆使したインタラクションデザインの工学的設計論を研究しています.

  • HAI (Human-Agent Interaction) とは,人間と擬人化エージェント,人間とロボット,そしてエージェントを介した人間同士がうまく協調するためのインタラクションデザインを目指す新しい研究領域です.我々は,人間との協調作業を通じて,ユーザとながく付き合っていけるパートナーとしての擬人化エージェント,ロボットの実現に必要なインタラクションデザインのために,ちょっとした思いつきやセンスによる実装に留まるだけではなく,しっかりしたアルゴリズムや実験的検証に裏打ちされた設計論を開発することを目指しています.
  • IIS (Intelligent Interactive Systems) とは,人間と機械学習・データマイニングシステムの知的なインタラクションデザインを目指す新しい研究領域です.我々のプロジェクトでは,人間の能力を最大限に活かす知的インタラクティブシステムの実現を最終ターゲットとして,従来の「人にやさしいマシン」から「人が適応しやすい知的システム」へのパラダイムシフトを基本的設計指針として,インタラクティブ機械学習・データマイニングアルゴリズムの開発から人間ーシステム間のインタラクションデザインまでの幅広いアプローチをとっています.

具体的な研究プロジェクトについては,研究プロジェクトをご覧下さい.

山田誠二研究室では,総合研究大学院大学情報学専攻(博士後期課程,5年一貫性:10月,4月入学)の学生を随時募集しています.修士,学部を卒業予定の学生の方,社会人学生も大歓迎です.見学,相談は,お気軽に山田までメールでご連絡下さい.詳しくは, 大学院生募集! をご覧ください.

なお,現在山田は,専門的学術知識の社会還元の一環として,以下のように企業との共同研究,技術顧問,学術指導を募集しています

  • 共同研究:共同研究契約を結んで共同して学術研究を行います.単年度の共同研究費をいただきます.詳しくは,こちらの「1. 民間機関等との共同研究共同研究」をご覧下さい.
  • 技術顧問:技術顧問契約を結んで,AI関連の技術的サポート等を行います.
  • 学術指導:NIIと学術指導契約を結んで,AI関連技術の学術的な指導を行います.

以上に加えて,AI知識の健全な啓蒙・普及の一環として,山田は人工知能AIに関する広いテーマで講演活動を行っています.ご希望の方は,山田誠二 seiji[at]nii.ac.jp まで,直接メールをいただければ迅速に対応いたします.


近況

IEEE Accessに適応的信頼較正の論文が掲載 2020-12-18

岡村和男さん(パナソニック,今秋総研大卒業)と山田の下記論文が,IEEE Access掲載されました.博士の研究成果の一部です.適応的信頼較正を様々な実験で検証しています.また,UMLでタスク分析をやっている点も興味深いと思います.さらに,この研究テーマは続きます.

山田が監修した書籍が出版されました. 2020-3-20

山田が監修した下記の書籍が出版されました.小学校の図書館向けの本ですが,一般販売もあるようです.これを読んでAI研究者や開発者になろうと思う子どもたちが現れるといいなーと思います.山田誠二(監修),『AIとともに生きる未来1 知ろうAIというプログラム (1)』,文溪堂,2020/2/3.

岡村さんの論文 “Adaptive trust calibration for human-AI collaboration”がPLOS ONEに掲載されました. 2020-2-25

岡村和男さん(総研大大学院生D5)と山田の下記論文が,PLOS ONE掲載されました.博士の研究成果の一部です.世界初の適応的信頼較正フレームワークの提案とドローンによる道路亀裂の自動検出AIでの実験的評価を行っています.

新刊拙著2冊が8月末にほぼ同時発売!! 2019-9-11

山田の単著と共著の拙著2冊が,ほぼ同時発売となります!ただいま,絶賛予約中です!

CogSci’19の投稿3本が,全部ポスターアクセプトでした (^^ゞ 2019-4-11

CogSci2019に投稿していた小松孝徳教授@明治大との共同研究2本と岡村和男さん@総研大院生との研究1本の計3本の投稿論文ですが,3本ともフルペーパーではなく,ポスターでのアクセプトでした.タイトル等は,下記のようになります.中々ビミョーな感じです.本年度は研究費的に困窮しており,モントリオールはどうしようかなと悩んでいます.
だからと言うわけでもないのですが,共同研究,技術顧問,技術指導等を募集中です.ご興味のある方は,山田 seiji[at]nii.ac.jp までお気軽にメール下さい.

  1. Takanori Komatsu and Seiji Yamada: Auditory Information to Change Users’ Perception of Time Passing as Shorter
  2. Takanori Komatsu, Masahiro Yamada and Seiji Yamada: Exploring Monaural Auditory Displays that Convey Positional Information to Users
  3. Kasuo Okamura and Seiji Yamada: Adaptive Trust Calibration for Human-AI Collaboration
宋君(総研大)の論文がAdvanced Robotics に掲載されました 2019-4-11

宋思超くん(ソウ シチョウ,総研大,現在,サイバーエージェント)の下記の論文が,Advanced Robotics掲載されました.博士論文の成果の一部です.この論文は, The 27th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2018)で発表されたものが,special issueにinviteされたものです.iRobot Create 2に巻き付けたLEDテープにおける目の位置と大きさのデザインを調べています.

寺田和憲准教授(岐阜大学,まだUSC)との共同研究が人工知能学会論文誌にアクセプトされました 2019-4-7

寺田和憲准教授(岐阜大学,今年8月までUSCのJ. Gratch先生のラボ)との共同研究が,人工知能学会論文誌にアクセプトされました.学習するAIのアルゴリズムを人間が理解する場合のバイアスについての仮説と実験的検証をした非常に先端的な研究で,今流行りつつあるXAI(eXplainable AI: 説明可能なAI)の基礎理論になりうる成果と考えています.

  • 寺田 和憲,山田 誠二:適応アルゴリズム理解のための認知バイアスの実験的検討,人工知能学会論文誌, 掲載予定,Vol.34, No.4, (April 2019)

>> 過去のすべてのブログ

[:en]    YAMADA Seiji
    Professor,  National Institute of Informatics
    Graduate University of Advanced Studies (SOKENDAI)
    Visiting Professor, Tokyo Institute of Technology
    e-mail-address

I’m studying HAI (human-agent interaction) and IIS (intelligent interactive systems) by applying AI and HCI techniques like machine learning, data mining, and interaction design. Also I organize my HAI/IIS laboratory consisting of doctoral candidates in a department of informatics in Sokendai (Graduate University of Advanced Studies) and other universities, visiting researchers.

  • HAI (human-agent interaction) is a novel research field in which we study various interaction design between a human and a virtual agent, a human and a physical robot, and a human and a human through mediation agents. The final target is to develop a fundamental and common interaction design policy which can be applied to the three different interactions. AI, soft computing, machine learning, cognitive science, robotics, are closely related to HAI. The concrete research target is to investigate relationships between various properties of virtual agents and a human by conducting experiments with participants. Our research projects on HAI are described the HAI projects page.
  • IIS (Intelligent Interactive Systems) is also a novel research field in which we study how to build intelligent interactive systems that can estimate a user’s internal states including his/her degree of understanding a task, systems’ strategies, and also the user easily can understand how the systems can learn and adapt to them. Only with such intelligent interactive systems, a human user is able to do creative cooperation tasks with machines like computers. Particularly, interactive machine learning, very efficient learning with valid accuracy, interaction design for retrieve human ability including human active learning. Our research projects on IIS are described the IIS projects page.

[:]